行政書士 山内経営法務事務所

会社事業者や起業家を支援します

当事務所は、令和2年9月に開所しました。
主に、会社事業者や起業家を支援する業務を得意としております。
具体的には、会社設立支援、補助金申請支援、各種契約書作成支援などです。
また、これとは別に入管業務、相続関連業務も取り扱っております。

  • 業務について
  • 行政書士紹介
  • 料金体系

会社設立支援

会社設立における定款の作成
なお、登記申請に関しては提携司法書士事務所にお願いをします。

事業再生支援(経営革新等支援機関、中小企業診断士としての業務)

事業再生支援では、企業概要を調査の上、経営改善計画(405事業)や事業再生計画を策定します。また、必要な金融支援策を策定して、それらを再生計画として取りまとめます。
金融支援策は、リスケジュール等の弁済条件変更や債権放棄等の抜本的な支援策を、金融機関と調整しながら策定します。
深刻な経営状況のため金融支援を得る必要があり、次のような課題を抱える中小企業にご利用いただけます。

  • 経営再建に向けて問題点等に対するアドバイスが欲しい
  • 事業を継続しつつ金融支援を得て立て直しを図りたい
  • 再生が困難な場合、新たな挑戦への支援が欲しい

日本政策金融公庫や金融機関への融資申し込み支援

私のパートナー企業において、元銀行員のノウハウを活用し、創業時に必要となる資金の調達(特に事業計画の作成)のお手伝いをさせていただきます。

補助金申請支援(ものづくり補助金、小規模事業者持続化補助金、事業再構築補助金)

補助金申請には、補助金獲得のためのノウハウが必要となります。
特に、事業計画は、補助金申請の中でも重要な位置を占めます。
私は、中小企業診断士として、これまで何十社にわたる事業計画作成の支援を行ってまいりました。
これまでの経験とノウハウを生かし、確実に補助金を獲得するための支援を行います。現在までの補助金採択率は、100%です。

 

入管業務支援

出入国管理に関して一定の研修を受けた「届出済行政書士」は、申請人に代わって申請書等を提出することが認められています。外国の方の入国・在留などの煩雑な諸手続きは、専門家の的確なアドバイスを受けながら進めると効率がいいので安心です。また「届出済行政書士」に依頼すれば、入国管理局への出頭が免除になります。時間と手間が節約できるというメリットにもなります。なお、2023年にこの「届出済行政書士」としての資格を取得いたしました。

外国人のための創業支援

外国人の方が日本において会社を設立するための支援を行います。外国人の方が日本で事業を行うには「経営・管理」を取得する必要があります。この在留資格を取得するためには、どのような事業を行うかという内容を明確にした申請することと合わせて以下の条件が必要となります。

  • 事業所が日本国内に確保されていること
  • 一定以上の事業規模(常勤職員2名以上又は資本金500万円以上)を満たすこと
  • 事業の適正性・安定性・継続性を示せること
  • 事業の経営に従事すること

また、提出する書類には以下の者が必要となります。

  • 創業活動確認申請書(要綱様式第1号)
  • 創業活動計画書(要綱様式第1号の2)
  • 創業活動の工程表(要綱様式第1号の3)
  • 申請人の履歴書(要綱様式第1号の4)
  • 誓約書(要綱様式第1号の5)
  • 申請人の上陸後(在留資格「留学」を持つ申請人においては在留資格変更許可後)6月間の住居を明らかにする書類(例:賃貸借契約書の写しなど)
  • 申請人の旅券の写し
  • その他、必要書類(例:預貯金通帳の写し等、現金預貯金残高が分かる書類など)

会社設立に合わせて、これらの申請を支援させていただきます。

遺言書作成の支援

相続時に相続人同士のトラブルの発生を防ぐためにも、遺言書作成をお勧めします。自筆証書遺言書、公正証書遺言のどちらにも対応させていただきます。また、公正証書として認証を受ける場合の、証人や遺言執行人としての役割もご要望に応じて承ります。

相続関連業務

遺言書がない場合には、遺産分割協議書を作成する必要が出てきます。遺産が少ない場合でも、相続人同士でもめ事になる場合もあります。また、令和6年4月より、相続登記が義務化されることから、相続をほったらかしせずに、確実に相続財産を、相続人に受け渡していくことが重要となります。相続関連業務としては、以下のようなものがあります。

  • 法定相続情報一覧図の作成(各種相続手続きに利用できるので非常に便利です。とくに各種相続手続きで戸籍謄本の束を何度も出し直す必要がなくなります。)
  • 遺産分割協議の作成

上記以外で、業務が発生する場合には、弁護士、司法書士、税理士の先生方と連携して業務を進めていきます。

 

山内 真二

Yamauchi Shinji
やまうち しんじ

行政書士としては、未熟者かもしれませんが、経営コンサルタントとして、20年以上の業務実績があります。
また、資格としては、西イリノイ大学大学院にてMBA、さらに中小企業診断士の資格も保有しております。

会社に関する業務に関しては、これまでの経験を活かし、お客様に満足できる業務を提供してまいります。
お困りのことがありましたら、まずは気軽にご相談いただければと思います。

学歴等
1982年3月 岡崎高校 卒業
1986年3月 同志社大学 卒業
1988年3月 早稲田大学大学院 修了
1993年12月 西イリノイ大学大学院 修了 MBA
2007年11月 中小企業診断士 登録
2020年7月 行政書士 登録
山内真二

※現在作成中です。

業務内容 報酬額
会社設立
事業再生支援
日本政策金融公庫や金融機関への融資の申し込み支援
補助金申請支援
入管業務支援
外国人のための創業支援
遺言作成の支援
相続関連業務